葉祥明美術館

常設展 2020年 冬

【冬の風景】12月〜2月

 

 葉祥明の「冬」を感じる作品を展示。

 クロウドの部屋では絵本「しろいおおかみ」を紹介。2002年に出版された本書は狼が狼であること、人間が人間であることの意味と目的を問うメッセージ絵本です。白い雪原を走り続ける白い狼が美しく描かれています。
 リラの部屋では、昭和63年4月号の『いちごえほん』に掲載された「ブレーメンの音楽隊」を描いた作品を紹介します。可愛い童話の世界をお楽しみ下さい。