葉祥明美術館

リアス・アーク美術館副館長・山内氏が語る
「あのひのこと」被災地の今

葉祥明絵本原画展「あのひのこと」特別企画!
 
【内 容】 宮城県気仙沼にあるリアス・アーク美術館副館長が自身の被災した体験を元に、
      当時の様子や自然災害にどう備えるべきか、どう次世代に伝えていけば良いのか
      を現地の状況をふまえながらお話しいただきます。
【出 演】 山内 宏泰(注:葉祥明の出演はありません)
【日 時】 2020年 3月14日(土) 14:00 〜
      ※予約不要(混雑時には立ち見の場合もございます。ご了承下さい。)

 
 
【プロフィール】山内 宏泰(リアス・アーク美術館副館長)
1971年、宮城県石巻市生まれ/1994年、宮城教育大学卒業、同大学院入学。中退し、同年10月よりリアス・アーク美術館学芸員(現在:同館副館長/学芸係長・気仙沼市在住)。美術家。国立歴史民俗博物館共同研究員/気仙沼市東日本大震災伝承検討会議委員、同遺構検討会議委員及び遺構施設展示アドバイザー/気仙沼市復興祈念公園施設検討委員/一般社団法人気仙沼まちづくり支援センター理事/スローフード気仙沼理事