葉祥明美術館

オススメVol.93 「秋のはちぞう」

 
葉祥明の代表的なオリジナルキャラクターと言えば、デビュー作に登場する白い犬のジェイクですが、もう一人(匹?)忘れてはいけないキャラクターがいます「はちぞう」です。
はちぞうは、手のひらに収まる程小さい世界最小の鳥“ハチドリ”の卵から生まれます。その姿形は、大きな耳に、長い鼻…まるで象のようです。だから名前は「はちぞう」。このファンタジーな生き物は、ジェイク同様、冒険好きです。不思議な姿の自分が何者なのか?そんな謎を知るために旅に出ます。砂漠に海に草原、雪山にも…苦難を乗り越えながら、自分以外の様々な生き物に出会い、最後には出生の秘密にたどり着くお話を描いた『はちぞうのぼうけん』。長い長い冒険の一部を、秋の展示(クロウドの部屋)で紹介しています。
普段、ほのぼのとした作風で知られる葉祥明作品ですが、本作では「はちぞう」の過酷な冒険シーンも見ることが出来ます。
 
ジェイクとはひと味違ったキャラクター「はちぞう」の魅力をご覧下さい。
 
北鎌倉 葉祥明美術館 常設展・秋 2019年9月1日〜11月末日