葉祥明美術館

過去の学芸員のおすすめコラム

  • オススメVol.85「子どものこころを感じてみようよ」

       2000年に「おなかの赤ちゃんとお話ししようよ」を発表してから、「生まれた赤ちゃんとお話ししようよ」「生んでくれてありがとう」「子どものこころを感じてみようよ」「育ててくれてありがとう

    続きを読む

  • オススメVol.84「パヤタスに降る星」

     葉祥明は熊本県の出身で生まれは市内ですが、よく兄弟達と阿蘇で遊んだと言います。自然豊かな地で過ごした幼少期が、作家としての葉祥明の感性を育んだのは間違いありません。雄大な自然から、庭先に咲く小さな草

    続きを読む

  • オススメVol.83「ピーターパンとウェンディ」

       絵本作家としてデビューして44年。創作絵本は200冊以上、その他にも挿絵など手掛けた出版物は400冊以上に上ります。近年でも毎年新刊を出版し、新しい作品を生み出しています。中でも「葉祥

    続きを読む

  • オススメVol.82「幸せは日々の中に」

      葉祥明はここ数年、絵本ではなく言葉を主体にした書籍を多く発表しています。 三行の知恵」シリーズ、「無理しない」「気にしない」「急がない」「比べない」「いのちあきらめない」「しあわせの法則

    続きを読む

  • オススメVol.81「きみに聞いてほしい」

    絵本「きみに聞いてほしい」は 2016年5月17日、第44代アメリカ合衆国大統領のオバマ氏が現職のアメリカ大統領としては初めて被爆地・広島を訪れ、「核兵器のない世界」に向けたスピーチを絵本にしたもので

    続きを読む

  • オススメVol.80 「星の王子さま」

    サン=テグジュペリ著の「星の王子さま」は世界中で愛されている名作です。葉祥明もその世界に魅了された一人。ミュージカルや映画化されると必ず観にいくほど大好きな作品です。物語に出てくる「大切なものは、目に

    続きを読む

  • オススメVol.79「赤毛のアン」

    葉祥明が描く世界は、地平線の奥に家や木などぽつんと描かれ、大地と空は大きく広がっています。そのため「空気を描く画家」と評される事も。吸い込まれるような世界観は、どこの風景か?そんな質問を頂戴しますが、

    続きを読む

  • オススメ Vol.78「サニーちゃん、シリアに行く」

      絵本作家・葉祥明が絵本『地雷ではなく花をください』(自由国民社)を1996年に出版してから20年以上が経ちました。うさぎのサニーちゃんが「平和な世界をみんなでめざそう」と世界の地雷問題や私たちに出

    続きを読む

  • オススメ Vol.77「キツネのフーくんと風の郵便屋さん」

      2015年の10月に出版された「キツネのフーくんと風の郵便屋さん」は葉祥明と実弟である葉山祥鼎との兄弟初のコラボ絵本作品です。今まで、祥鼎の撮影した写真に葉の詩を掲載した作品などはありましたが、祥

    続きを読む

  • オススメ Vol.76「怒らない-幸せな人生のために-」

    20代半ばで絵本作家としてデビューしてから、70歳になった今年までに200冊以上の絵本を手掛けてきました。絵本以外にも様々なジャンルの本に葉祥明のメルヘン画作品は掲載されてきましたが、同時に詩や言葉も

    続きを読む

1 2 3 4 5 9